Menu

乾燥肌医療法人貴愛会(福岡市西区 : 眼科 / 皮膚科)::乾燥肌

貴愛会トップ

乾燥肌

乾燥肌を原因とする肌トラブルは多く放置していいものではありません。

乾燥肌が引き起こすトラブルは、かゆみ、湿疹の他、肌荒れに伴うシミ、シワ、シワ、ひび割れニキビなど多くのものがあります。乾燥肌は体質による原因以外に、生活の中でのお肌の扱いによるものがあります。正しいケアで改善することが出来ます。

症状

冬に多く発生します。身体のあちこちがかさつき、白く粉をふいているる状態が見られます。かゆみ、湿疹、肌荒れなど、ひどくなるとかゆみによる刺激で睡眠障害になる方も出てきます。「皮脂欠乏症」の可能性もありますので、医師に診断をして貰うことをおすすめします。

原因

空気の乾燥から皮膚の表面が乾燥してくることから、皮膚のバリア機能が低下して発生します。冬に発生しやすく季節によって自然に解消するひとがほとんどです。その為、深刻に考える人が少なくなく放置された状態も見受けれますが、長年続くことで肌の新陳代謝の衰えから様々なトラブルとなるため、しっかりとしたケアが必要です。

治療・手術

保湿成分の高いクリームの塗布などで肌を乾燥から守ります。ヘパリン類似物質、尿素、グリセリン、ワセリンなどの含まれたクリームを使用します。かゆみがひどい場合は、抗炎症剤の含まれた薬剤クリームを処方します。症状により化膿などに発展するケースもありますので医師の診断に従ってください。特に市販のステロイド系外用剤を使用しても改善されない場合は、必ず受診をしてください。

手術後の経過、養生について