Menu

緑内障医療法人貴愛会(福岡市西区 : 眼科 / 皮膚科)::緑内障

貴愛会トップ

緑内障

大切な目を守るために年に一回は定期健診を受けましょう

一般的に自覚症状がない緑内障で最も重要なことは早期発見、早期治療です。ひとつの地方都市の一般市民を対象に緑内障疫学調査が行われた結果、40歳以上の人口のうち緑内障患者は5%、20人に1人と予想以上に多いことがわかりました。全国では約200万人と推定されています。ところが、その内の80%の人たちが自身では緑内障に気づいていない潜在患者であることもわかりました。緑内障は、日本を含め諸外国においても、失明原因の上位に位置します。悪化する前にできるだけ早期に発見し、治療を開始することが大切です。自分自身で眼を守るをいう自覚を持ち、発見の機会となる健康診断などを積極的に利用しましょう。少なくとも年に1回、定期健診を受けましょう。

症状

緑内障は、目が耐えられる以上に眼球内部の圧力が上昇することによって眼の神経に障害が起こり視野が狭く欠けてくる病気です。緑内障の多くは痛みも感じず自覚症状もありません。

一度、障害で傷ついた視神経を元に戻す方法はなく、病気の進行をくい止めることが目標となります。したがって出来るだけ早期に緑内障を発見し、治療を開始することが大切です。急性の緑内障では急激に眼圧が上昇し目の痛みや頭痛、吐き気など激しい症状を起こします。時間がたつほど治りにくくなるので急性閉塞隅角緑内障の発作がおきた場合は、すぐに治療を行い眼圧を下げる必要があります。

初期

目の中心をややはずれたところに暗点(見えない点)ができます。自分自身で異常に気づくことはありません。

中期

暗点が拡大し、視野の欠損(見えない範囲)が広がり始めます。しかし、この段階でも片方の目によって補われるため、異常に気づかないことが多いようです。

末期

視野(見える範囲)はさらに狭くなり、日常生活にも支障をきたすようになります。さらに放置すると失明に至ります。

原因

緑内障にはいくつかの種類があります。眼圧が高くなる原因によって主に原発緑内障、先天性緑内障、続発緑内障に分けられ、原発緑内障はさらに開放隅角緑内障、閉鎖隅角緑内障に分けられます。

原発開放隅角緑内障

房水の出口である繊維主帯が徐々に目に詰まりし、眼圧が上昇します。ゆっくりと病気が進行していく慢性の病気です。

正常眼圧緑内障

眼圧が正常範囲(10~21mmHg)にも関わらず緑内障になる人がいます。これを正常眼圧緑内障と呼び、開放隅角緑内障に分類されます。 近年行われた全国的な調査の結果から、緑内障の約6割が正常眼圧緑内障であり、また欧米に比べて日本人に多いらいしことがわかりました。

原発閉鎖隅角緑内障

隅角が狭くなり、ふさがって房水の流れが妨げられ(繊維柱帯がふさがれて)、眼圧が上昇します。慢性型と急性型があります。

先天緑内障

生まれつき隅角が未発達であることからおこる緑内障です。

続発緑内障

外傷、角膜の病気、網膜剥離、目の炎症など、他の目の疾患による眼圧上昇や、ステロイドホルモン剤などの薬剤による眼圧上昇によっておこる緑内障です。

治療・手術

薬物療法

眼圧を下げるために使われる薬は、主に房水の生産量を減らしたり、房水の流れをよくする薬です。まず点眼からはじめ、最初は1種類の薬で様子をみながら、途中で変更したり、また2~3種類を併用することもあります。点眼だけでは効果が不十分な場合、内服薬を併用することもあります。急性緑内障の場合や薬物療法で眼圧コントロールが不十分な場合、レーザー治療や手術を行います。

レーザー治療

レーザーを虹彩にあてて穴を開けたり、繊維柱帯にあてて房水の流出を促進します。比較的安全で痛みもなく、入院の必要もありません。

手術

房水の流れを妨げている部分を切開し流路をつくって房水を流れやすくする方法や、毛様体での房水の生産を押さえる方法などがあります。

手術後の経過、養生について